B型的シェア生活

2010年08月22日

私のルームメイトは3人ともB型。 
「血液型なんて関係ない」そう思った人は、
おそらくA型もしくはO型の人でしょう。
ルームシェアはB型地獄の始まりだった。

「気にしない」
B型人間の最たる特徴だ。
他人にどう思われようが、全く気にしないB型。
そんなB型人間が唯一気にすることが「B型」という血液型だと思うのだ。
私もユリ姉も血液型をものすご~く気にしていた。
デートの相手にはさりげなく、でも必ず血液型を聞き、
相手がB型だとわかると恋人候補名簿から除名する。
それとは逆に、相手の男が「A型(ユリ姉の場合はO型)」だと知るとホッとして
目の前にある恋愛道を開拓していく気になれる。

それほどまでに「B型」に敏感な私達が、なぜB型3人でシェアしたか?
いなかったのです!B型以外のシェア希望者が!
とにかくB型を敬遠したかったので、
ルームメイト候補者にはさりげなく血液型を聞いていたのだが、
聞いても聞いても「B」ばかり。
人生であれほど周りをB型に囲まれたことはなかった。

自己主張が激しく、他人に合わせようなんて微塵も考えないB型同士の生活。
ルームメイトとしては最高のメンバーが揃ったと思う一方で、
「でも、Bだしな~」という一抹の不安を胸に、シェア生活は幕を開けた。
実際のB型同士の生活は・・・・・・全てが適当。

【料理】各自で。冷蔵庫の中の物を勝手に食べても怒られたことは一度もない。
【共有部分の掃除】ユリ姉しかやらない。
【ゴミ出し】私しかやらない。
【家 賃】毎月、ユリ姉が集金し、振込む。
【光熱費】
口座引落。口座は私名義で、通帳もカードも全て私が管理。

ミッヒとユリ姉は通帳を見たことさえなく、
光熱費が毎月どのくらいかかっているかも全く把握していない。
私に言われた金額を払うだけなので、
私はズルして多く集金することも実は可能だったりする。

【雑費】
適当に5千円ずつ集めてリビングの袋に入れておく。}
洗剤などは雑費で買うが、誰がいつ何を買ったかお互いに把握していない。
もちろん、自分のお菓子を雑費で買っても誰も気づかない。

★ルームシェア、ルームメイト、ルームシェアはルームシェアスタイル★

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.