幸せな住まい

2011年02月20日

衣食住のどれを重視しているかと聞かれたとしても
私はどれにもさほどこだわりがなくので即答できない。

誰に見せる服なのか。
誰と食べるのか。
誰と暮らすのか。

私は常に「誰」と何をするのかを大切にしてきた。

昨日、いつもの女友達5人で話していた際
激務で体を壊す寸前の女友達が言っていた。
「ヘトヘトになって家に帰った時、家族がいて本当によかったって思うんだよね」と。

彼女の旦那様は、外見もかっこよくて、稼ぎもよくて、リーダーシップも取れそうで
私も最初に紹介された時
「え~~、こんなさわやかな彼氏だったの~~」
と驚いたほど素敵なんだけど、客観的にみて素敵かどうかはともかく
「この人がいてくれてよかった」
と一緒に暮らす私の女友達が、日常的にそう思えていることが私は嬉しかった。

何かがあった時に「この人がいてくれてよかった」と思うのは当たり前で
日々の生活の中で感じるパートナーへの愛情こそが
2人の関係を維持するのに欠かせないと私は思う。

日々の生活の中で感じる些細な愛と
時々感じる、スペシャルな愛。
この2つが重なり合う人生が理想かな。

どこに住むかではなく、誰と住むか。
やっぱりこれが基本でしょ!
と思いつつも、今の部屋がなんとなくしっくりこなくて
引越しの計画をしている今日この頃の私なのだ。

★ルームシェア、ルームメイト、シェアハウスはルームシェアスタイル★

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.